楽しくて誰でも始めやすいバイナリーオプション

楽しくお金を運用するなら私はバイナリーオプションがいいと思っています。
なぜなら普通の投資と違ってゲーム性を感じるような取引システムだからです。
さまざまな角度から先を予想するのが一般的に思い浮かべやすい投資ですが、扱うのが為替のペアという特徴からか非常にシンプルにまとまっていているのです。

ドルとユーロと円の三種類だけを注意深く見てその力関係のバランスを考えれば、バイナリーオプションで勝てる戦略が見つけやすいと感じます。
私はニュースでも昔からよく耳にしていたドル円のペアでいつも取引をしていて、動きの特徴をなんとなく掴んできた今では日々の相場の形に関係なく勝率が安定してきました。
開始から終了までのスパンが短いから大きな変動が起こる前にサクッと稼ぐこともあり、乱高下に巻き込まれないまま終えることができるのが素晴らしいです。
短いローソク足を見るだけでなく、日足以上で大きな流れを確認しておくことがバイナリーオプションで稼ぐためのポイントかもしれません。

バイナリーオプションの醍醐味はとにかく取引操作がシンプルなこと。
バイナリーという言葉はもともと二者択一という意味で相場が将来「円安(HIGH)」か「円高(LOW)」のどちらになるのかを予想するものが基本形態です。
出典:バイナリーオプションの人気ランキングとバイナリー業者比較

インターネットでバイナリーオプションを検索するとたまに目につくものがバイナリーオプションは詐欺であるかのような論調のサイトです。
初めてバイナリーオプションをしてみようと考えている人にとっては詐欺という言葉があるということで危険な感じを受けますから、やめておこうという気になることもあるかもしれません。

しかし、結論から言えば名の通った会社が提供するバイナリーオプションは詐欺では断じてありません。
ただし、株式投資やFX投資などと比べるとやはりギャンブル的な要素は強いことは言えます。
極端に言えば日本で合法的なギャンブルとしての競馬などの公営競技や宝くじなどを比べると勝ちやすいギャンブルともいえます。
宝くじの配当率は50%弱程度であり、競馬の配当率が75%程度でありますが、同じようにバイナリーオプションのペイアウト率が85から90%くらいであることを考えると勝ちやすいギャンブルです。
そのくらいの気持ちでバイナリーオプションには参加すべきでしょう。

バイナリーオプションの代表的な投資にハイアンドローがあります。
これはある一定の時間後に為替が上がるか下がるかを予想して投資するのもで、誰にでもできる単純さが魅力といってもいいでしょう。
極端なことをいえばいわゆる丁半ばくちにかなり似ているといえますが、丁半ばくちのよりもデーターや考察が勝ち負けを左右する要素が多くなります。

しかし、ハイアンドローに対してペイアウトされるのは2倍ではなく1.8倍程度の業者が多いですから、50%の勝率ではだんだん負けていくことになってしまいます。
仮にペイアウト率が1.8倍ということになれば勝率は55%でも足りないので、57%以上の勝率でないとコンスタントに利益を出すことはできません。

57%の勝率を維持することは簡単ではありませんが、為替の動きはある程度予測することは可能と思われますので、まるっきり不可能は数字ではないといえます。
結局はバイナリーオプションでもしっかりと経済の勉強をすることは勝に結びつくのでしょう。